ナンパやり方

ナンパする時の話し方は

ナンパをするときどうやって話をすればいいのか分からないという人は多いのだが、ナンパをするのに適した話し方というのは、簡単に言えば、「相手に良い印象を与える話し方」、「相手の気をうまくこちらに向けさせる話し方」などと言うことになる。

細かいことを言えばやり方はいろいろあるのだが、あまり難しいことを言っても混乱するだけなので初心者に対しての場合は単純に「相手を褒めろ」というアドバイスをすることにしている。
褒められて嫌な気がする人は居ないので、これは言うまでもない基本中の基本、ナンパをする上での常套手段だ。

では実際に褒めてみようということでやってみると決まってこんな褒め方をする人がいる。
「女優の○○さんに似てますね」

これは果たして褒め言葉になるのだろうか。
人によるのかも知れないが、言っている人が思っているより、相手の気分が良くなるような褒め言葉にはなりづらいのではないかと思う。
人によるといったのは、その人が自らマネをして誰か芸能人とかに似せようとしている場合であれば効果はあるかもしれないがという意味なのだが、話のしょっぱなからそういうことを見極められるかどうかも怪しい。
いくら世間的にかわいいと評価される女優であっても、その人が嫌いだったりなんの思い入れも無いような相手であれば効果がないどころか逆効果になりうる。
そんな訳で褒め方としてはこの方法は不正解だと思っていただきたい。

ここで少し考えて貰いたい。
どんな褒め言葉なら相手を気分をよくさせることができるか。
状況としては初対面なので相手の予備情報は全くなく、その場で仕入れることの出来る情報だけを頼りに褒めなくてはならない。
もちろん、「性格がいい」みたいな内面的なことにいきなり触れてもあんたに何がわかるのよ!ということになりかねない。
正解は一つではないので、相手の立場に立って、どんなことを言われたら素直に喜べそうか考えてみてほしい。
実はこのような、理論的な思考プロセスをしっかりもてるかということが人との付き合いをする上で重要なことになってくるので訓練だと思ってやってみよう。









いくつか浮かんだだろうか。
そのアイデアはきっと、話に詰まったときや、きっかけを作りたいときに役に立つはずなので忘れないように記憶しておいてほしい。

さて、これで終わりだと、勝手に考えろといっているのと変わらないのでオレの考えもすこし紹介しておこう。
話の冒頭で、話のきっかけをつかむには、「相手を褒めろ」というアドバイスをすると紹介したが、実はそれ以外のアドバイスもするようにしている。
それは、「褒めるときは相手の服装や髪型、身につけているものを褒めろ」というアドバイス。
服装や髪型はその人のチョイスなので、それを褒めるということはその人のセンスを褒めるということになるとオレは考えている。
初対面の相手にも出来て、見た目と、内面の双方を褒めることが出来、且つあまりいやらしくならないスマートな褒め方の一つではないだろうか。


ナンパデイズ